設立の目的と趣旨

  • 日本在宅ケア教育研究センターは、看護・リハビリテーション・ケアマネジメント・多職種協働・在宅ケアシステム変革等、在宅ケアに特化した調査研究や実験研究、実験的トライアル実践と検証、データーソリュ―ジョン事業そして政策提言等ができる機関として、現場を踏まえた人材育成を行うことを目的に創立しました。
  • 在宅ケアの発展を推進していくために国内外との連携の中で、教育と研究を推進していくことで、在宅ケアの拡充とケアの質向上を図り、多様な角度からのイノベーションを起こし、利用者にとりわかりやすい提示で社会貢献と新しい文化の創造に寄与することが使命です。